RSS
Admin
Archives

うたって、おどって、ラララララ~

親バカぶりを発揮するためのブログ ー 家族のアルバム、メモ、備忘録として使わせていただきまっす

プロフィール

unimog

Author:unimog
あ、どうもどうも。
2010年12月31日、ぼんやり生きてきたわたしもついにお母ちゃんになりました。手探りの育児、進行中!

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
25



1日目(10月15日)

おかあちゃん、熱でダウン。

いぶ吉がおっぱいを欲しがったら、

「おかあちゃん、あたまイタイイタイ、おっぱいイタイイタイ」

って言い聞かせた。

いつも添い乳で寝てたお昼寝の時間は、わたしにぴったり抱きついて寝た。

断乳スタートです。




2日目

夜泣き3回。

いずれも手が付けられないほどの不機嫌。

泣きながら(怒りながら)、キッチンへ行って、自分のあたまを床に叩きつける。

いままで聞いたことのない奇声を発する。

ずっと抱きしめて(というか、羽交い締めで)やりすごす。

でも、不思議なことに、おっぱいを欲しがったりはしない。

「おっぱい」という単語も言わない。




3日目

夜泣きは1回だけ。

外出先(モールの駐車場)で昼寝から目覚めて大泣き。

車内で大泣き、大暴れ。

異常な泣き方、自傷行為で、手が付けられない。

抱っこもさせてくれない。

あまりにひどいので、ドクターに診てもらおうという話になり、
クリニックに電話するも、すでに診療終了。
(今ふりかえると、こんなことで行かなくてよかったと思う・・・笑)

ちょっと落ち着いたところで、
日系スーパーでくるまの写真のついたラムネを買ってあげた。


ちょっとしたことで、すぐに怒り出して泣くので、
こっちは常にビクビク。




4日目

夜泣き2回。

情緒不安定。かなり不安定。

以前のような天真爛漫さがなくなった。

甘えてこない。抱かせてくれない。すぐに怒る。ものを投げる。

オモチャを自分の頭に叩きつけたり、頭を床や壁にぶつける自傷行為が多い。






いぶ吉に笑顔を取り戻すべく、夜は家族みんなでカラオケ。

手拍子は大袈裟に。

オタク風のかけ声とオタク風のダンスで、いぶ吉を笑わせた。よっし!

曲はもちろん、きゃりーぱみゅぱみゅ。


その後、またぐずったので、外に出て、みんなでぐるぐる回る。

いぶ吉はぐるぐる回るのが好きだから。

おかあちゃんもぐるぐる回って、大袈裟に目が回ったフリをする。

いぶ吉、また笑った。



豆乳(果糖)をよく飲む。
150 ml x3回



Kids Club(託児所)では、私が退室するときに大泣きする。

でも、私が去ったあとは2、3分で泣き止み、普段どおりに振る舞っているらしい。




5日目

夜泣きは一回。

でも、わたしがあやさなくても、ひとりですぐ寝た。

寝かしつけに苦労してる。ソファで眠りに落ちたので、わたしも隣で寝て、朝までそこで寝かせておいた。








おとうちゃんとおかあちゃんが順番に馬になって、
いぶ吉を背中に乗せて、部屋を何周もまわった。

けっこうしんどいけれど、いぶ吉がよろこんでくれるので、
何周もまわっちゃう。

断乳前の機嫌にもどった気がする。

不機嫌な態度もない。

いぶ吉、がんばったね。



完全におっぱい卒業。

でも、おかあちゃん、さみしいよ。
スポンサーサイト
2011.08
23
6月に突如できてしまったおっぱいの白斑。良いと言われることはすべてやりましたが、2ヶ月経っても一向に消える気配がないので、塗る抗生剤を処方してもらうために受診しました。

母乳が詰まったときにマッサージしてくれた看護師のAさんがいるクリニックで、内科のドクターに診てもらいました。おっぱいに関しては、ドクターよりもAさんの方が詳しいので、Aさんにも一緒に診てもらいました。

そして、「取っちゃいますか」ってことになり、「ニードルちょうだい」と看護師さんに指示を出すドクター。

「ええ〜、ニードル!? 心の準備ができてないよ〜。それ言わないで取ってくれたら良かったのに〜」と、診察台に仰向けでぐちぐち言っている間に取られていました。痛くなかった。

しかし翌日、見てみると、取ってもらったはずの白斑がまた出現。完全に取れていなかったのかしら。Aさんによれば、薬で小さくなるはずとのことなので、これで様子を見ます。
2011.07
24
IMG_2428.jpg



左のおっぱいが詰まって大慌てしてから1ヶ月が経ちますが、まだ白斑は消えません。

通常は1、2週間で消えるらしいのですが、わたしの白斑は小さくはなったものの、消える気配がありません。それに、実は今日までに3回ほど、しこりができたり消えたりしていました。いずれも軽くて、オリーブオイル・パックとキャベツ湿布で、翌日には解消されているのですが、これはもしかすると、卒乳するまでずっとこの調子なのかなとちょっと不安になっています。


7月10日
右のおっぱいにしこり。
オリーブオイルを塗ってマッサージ、マッサージ、マッサージ。2日目には詰まっている穴の位置にだいたいの見当がついていたので、詰まった穴のあたりをぎゅっと絞ったら、しろいかたまりがにゅるっと取れて、母乳がピューッと放出されました。爽快!

7月16日
左のおっぱい(白斑のある方)にしこり。
白斑のある箇所とは別の穴がつまった模様。いつものようにむぎゅっとつまんでもかたまりが出てくることはなく、オリーブオイルのパックとキャベツ湿布、そして、姿勢をいろいろ変えて授乳していたら、いつのまにか消えていた。


甘いものも油っぽいものも(ほぼ)完全に断って、ずっと素食に努めていたのになんでだろう。例えば、ここ3日の食生活はこんな↓かんじ。週に2回くらいは40-60分のウォーキングもしています。いったいどこに問題があるのか?


7月24日
<夕>
焼き魚(さんま)
れんこんの鶏挽肉はさみ焼き
切り干し大根の煮物
わかめときゅうりの酢の物
ごはん

<昼>
塩やきそば

<朝>
オクラのおかか和え
納豆
温泉卵
ごはん
牛乳(Low Fat)


7月23日
<夕>
まぐろのユッケ
ごぼうと人参のきんぴら
切り干し大根の煮物
なすのナムル
ごはん

IMG_1271.jpg

<おやつ>
ミニエクレア1個

<昼>
塩やきそば

<朝>
ひじきの炒め煮
温泉卵
ごはん
牛乳(Low Fat)


7月22日
<夕>
塩鮭
なすの冷やし煮
筑前煮
ポテトサラダ(マヨひかえめ)
豆腐とたまねぎのサラダ
ひじきの炒め煮
生姜ごはん

IMG_1979.jpg

<昼>
トマトとなすのスパゲッティ

<朝>
高菜の漬け物
納豆
ごはん
豆乳





2011.06
23
こんどは白斑ができてしまいました。

乳首に白いニキビのような水泡のようなデキモノができまして、これがめちゃくちゃ痛いんです! 白斑というらしいです。授乳開始の約1分間は針が全身を貫くような激痛。ググってみると、同じ経験をしているお母さんが多くて、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうのが一番とのこと。わたしも激痛に耐えながら吸ってもらっています。でも、ほんとにほんとに痛くて、無意識に息子の手をぎゅう〜っと力一杯にぎってしまい、ハッと我に返ると、息子の指が真っ白に。ごめんよ。

幸い、翌日にもう一度マッサージにきていただくことになっていたので、白斑の相談もして、まだちょっと残っていたしこりをほぐしてもらいました。

しこりと白斑について、プロにいただいたアドバイスは以下のとおり。

・食生活に気をつける! これが一番大事
  和食中心の素食がいい
  とくに糖分は控えたほうがいい
  果物・パンも食べ過ぎに注意
  水分をたくさん摂る

・授乳前に温めたタオルなどでしこりのある乳房を温める
・普段と違う抱き方で授乳する
  フットボール抱き
  たて抱き
  赤ちゃんを仰向けに寝かせて四つん這いで授乳、など

・溜まっている母乳を吸ってもらうためにしこりを押しながら授乳する
・授乳後はキャベツの葉で冷やす
  普通の冷却シートでは冷やしすぎてしまうのだとか
・しこり自体を揉んではいけない
  揉んでいい箇所は乳頭か基底部だけ
  基底部からしこりをはがすように
  乳房全体をもって上下左右に大きく揺する

・もししこりの部分が赤くはれてしまったら、じゃがいもシップをする
  じゃがいもをすりつぶしたものに小麦粉を混ぜ、
  キッチンペーパで挟んでできあがり
  じゃがいもが温まって固まったら捨てて、
  新しいじゃがいもシップに交換


・授乳時に白斑が痛い場合は、授乳前にちょっと絞るとよい
・しこりがないときは、四つん這いでの授乳はやめる
  なぜなら、赤ちゃんが乳首を浅く銜えることによって
  白斑が悪化、または、新しい白斑が出来やすくなってしまうから



jun7_effected.jpg jun9_effected.jpg jun8_effected.jpg

母乳が詰まる前に撮った写真。右の写真では、右手にコーヒー、左手にマフィンをしっかり持ってます・・・。

とにかく、いちばん大事なのは、食事に気をつけること(甘いものを控えて水分をたくさん摂る)だそうです。言われたとおりに節制しているわたしを見て、夫が一言。

「よっぽど痛いんだね」

普段、甘いものの誘惑に勝てないわたしが、ぜったいにお菓子に手を出さないのを見て、どれだけ痛いか分かる、と。はい、ほんとに痛いんですよ。ドーナツとか、マフィンとか、生クリームたっぷりのケーキとか、ちらちら頭に浮かぶけれど、授乳のたびに訪れる激痛で甘い妄想は一瞬でぶっ飛んでしまうのです。


sweets_effected-004.jpg sweets_effected-001.jpg sweets_effected-003_effected.jpg 
2011.06
22
母乳が詰まっちゃいました。

左乳房にしこりができて、いくら授乳しても固いまま。丸一日様子をみても解消されなかったので、おっぱいマッサージ師のAさんに来ていただきました。歩くときの振動でも痛かったのが、1時間以上搾ってもらってだいぶ楽になりました。






だけど、おかし禁止令が発令されてしまいました。

甘いものや油っぽいものを食べ過ぎると、おっぱいがドロドロになって詰まりやすくなっちゃうのだとか。とくに甘いものがいけない、と。たしかに、今までとくに気にせずケーキやおまんじゅうをパクパク食べていましたわ。今まで平気だったのに、なんで急に詰まっちゃったんだろう、とは思うのだけれど、また詰まったらいやなので、最低でも1週間は甘い物を断ちます!

上の写真は、夫が閉店間際のスタバで「どうせ捨てちゃうので、よかったらどうぞ」ともらってきたミニ・スイーツ。うれしいけれど、タイミング悪すぎ! わたしは食べられないし、夫も食べないというので、Aさんに無理やりお持ち帰りしていただきました。誘惑に勝てる自信がなかったし。


*  *  *


じつはこれ以前に2回ほどおっぱいにしこりができて痛くなったことがありました。

いずれも半日ぐらいで解消された軽いものでした。乳首をよーくみると白い点が見つかったので(0.2ミリくらいのすっごくすっごく小さい粒)、これを爪で押し出したら、溜まってた母乳がどっぴゃーと一気に飛び出して、しこりもすーっとなくなりました。この開通の瞬間がとてつもなく爽快。

今回のしこりについても、またあの爽快感を味わえるとちょっとワクワクさえしていました。でも、今回はそう簡単な問題ではなかったです。

ネットで調べてみると、しこりができたときは、しこり自体をグリグリ揉んではいけないそう。マッサージすべき箇所はしこりではなく乳頭。出口がふさがれて溜まった母乳がしこりになるので、ふさがった出口を開通してあげなくちゃいけない。

自分で対処する場合は、乳首にオリーブオイルを塗ってつねったりひっぱたりするとよいらしい。そしてラップで覆ってしばらく放置。そしたら、もう一回乳首をつねったりひっぱったり。乳頭を5本の指先で包んで乳首の先端の方へ向かって絞る。こんなことを繰り返していれば、いずれ詰まった出口は開通するとのこと。

ちなみに、わたしはこどもが産まれるまで、母乳は乳首の真ん中一箇所から水鉄砲みたいに出るもんだと思っていました。でも、母乳のでる穴はいっぱいあるんですね。自分の身体ながら、新しい発見がまだたくさんあっておもしろいです。もういい年なのにね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。